【トークスキル】基礎編

社会人一年目で、ハウスメーカーで戸建て住宅の設計をしています。
経営者になることを目標にここでは、マーケティング・投資について発信しています。

第1回

今回は【トークスキルに入る前の準備段階】について解説していきます。

この記事はどんな人におすすめか?

  • 話すのが苦手な人
  • トークが上達したい人

この記事でどんなスキルが身につく?

  • 話すことの重要性がわかる
  • トークの基本が学べる

トークスキルの重要性

まず、トークのスキルの重要性について解説していきます。

  1. 伝わらなければ価値がない
  2. 人生の最重要スキル
  3. プライベートでも重要

この3つが重要であり、知っておかなければならないことです。

伝わらなければ価値がない

トークは普段の生活でも日常的に使うことです。

しかし自分の頭の中では考えられているものの、それをちゃんと言葉として伝えられないと意味がないです。

人生の最重要スキル

自分が何をしたいのかを伝えるとき、相手を動かしたいときに話すスキルがなければ、できないことです。

これを知っている知らないでこの先の人生は大きく違います

プライベートでも重要

ビジネスだけではなく、日常のプライベートでも活用することができる。

目的の設定

自分は何のプレゼン・話をしているのか、長く喋っていたりするとたまにそれが薄れてしまった。

そんな経験はありませんか?

プレゼンの目的

トークスキルの土台となる目的は、誰が聞いても納得するような内容にしておきましょう。

住宅でも土台がしっかりしていないとすぐにくずれてしまいます。このように土台の部分は重要な項目になります。

具体的に

5W1H(なぜ、何を、どのように、誰が、いつ、どこで)

これをメモに書き出して、明確化することが重要です。

ビジョンの明確化

「どこを目指しているか?」を明確にすることは重要です。

最後の自分が伝えたいことやこのように感じ取って欲しいなどのイメージもここに該当します。

「話が終わった後にどんなメリットがあるのか?」は先に伝えておくことが大事だと思います。

結論は先に伝えることと同じように、メリットを先に話すことで頭に入りやすいです。

思考の具現化

それでは施工はしたものの、実際にどのように具現化していけばいいのかを解説します。

それはこの3つだけです。

  1. 目的の書き出し
  2. メリットの書き出し
  3. 段落の明確化

この順番でさえ守っていれば必ず相手に届く話し方になります。

ここで話したように、トークにおいては土台が重要です。この土台を何も知らずに、知らない知識ばかり使っても、違う方向に向かったり、理解してもらえません。

話すことの目的は相手に理解・納得・共感してもらうことです。

この目的は土台が実現してくれるので、わかっていてもちゃんと実践していましょう。

まとめ

  1. トークスキルの重要性
  2. 目的の設定
  3. 思考の具現化

MUPに入学した感想

⇩MUPに入学してみての感想です⇩

この記事を書いた人

アバター

takuma

【経歴】
●1997年年生まれ、岐阜県出身。たくまと言います。

●高校3年間は成績学内1位。その後、名古屋の名城大学を卒業

●2020年4月に東証一部上場企業に新卒入社し、webデザインとコンテンツ販売で副業をしています。

●webデザイン / コンテンツ販売 / ブログなどで月6桁達成。