【保存版】お金の基本を理解して利益を最大化:3つのポイント

こんにちは、ma-takuuです。

ma-takuu
ma-takuu

社会人一年目で、ハウスメーカーで戸建て住宅の設計をしています。
経営者になることを目標にここでビジネスについて発信しています。

こんな方におすすめ
  • 会社経営者
  • 将来、独立を考えている方

この記事では、ほとんどの人が知らないお金の秘密と、利益を最大化できる3つのポイントを解説していきます。

お金のキホン

利益の前に、お金のキホンを理解しましょう。

お金のキホン
  • お金の定義
  • お金の価値について
  • 税金の理解

この順番で3つを理解していきましょう。

そもそもお金のとは?

お金の定義を見てみましょう。

現代の日本においてお金(おかね)とは、通貨・貨幣を指しうる。

Wikipedia

この定義はもちろん正しいのですが、ここでは以下のような定義とします。

お金とは
  • 信頼
  • 実績

信頼と実績と言われてもお金はモノを買うときに使うものだから難しいので、わかりやすく銀行がお金を貸してくれる仕組みで考えてみましょう。

ma-takuu
ma-takuu

じゃあなんで銀行は僕たちにお金を貸してくれるの?

お金を貸すということは、その人の信頼を見ることから始まります。

信頼
  • 働いている勤務先
  • 家族構成

これらがお金を貸す最大の決め手となります。

期待から実績へ

今の時代はVUCA時代と言われています。何が起こるかわからない時代です。

VUCA時代とは
  • V:Volatility(激動)
  • U:Uncertainty(不確実)
  • C:Complexity(複雑性)
  • A:Ambiguity(曖昧性)

これはあらゆるものを取り巻く環境が複雑性を増し、想定外のことが次々と起切るため、将来の予想が困難な状態を示しています。

そのため未来の期待値ではなく、過去の実績値が通用していくことになります。

×   学歴がある=信用がある

○  稼いだことがある=信用がある

税金の怖さ

次に税金の定義を見てみましょう。

租税とは、国や地方公共団体が、公共財や公共サービスの経費として、法定の定めに基づいて国民や住民に負担を求める金銭である。

Wikipedia

日本では、累進課税という仕組みがあり、それぞれ収入ごとに納める税金の額が違います。しかし、どれだけ多く税金を納めていても病院にかかった際の負担額は、基本的には平等な負担となってしまいます。

ma-takuu
ma-takuu

じゃあ、多く納税している人は国に多く貢献しているのか。

そうですね。ちなみに日本の税金には、国税が7種類・地方税が5種類ほどあります。税金大国と言っても過言ではないですね。

お金と税金について一気に話しましたが、少しは理解できましたか?

最後にお金について簡単にまとめます。

まとめ
  • お金=信用=実績値
  • 税金=リターンが少ない

利益のキホン

はじめに、利益を最大化させるポイントを3つ紹介します。

  1. 海外法人の設立
  2. 登記内容の工夫
  3. セルフプロフィット

これらは、オンラインビジネスする上では大変重要なことです。これを知るだけでも生涯で何千万と得します。

そしてこの利益を最大化させるために最も有効的なビジネスなのが、オンラインビジネスなのです。

オンラインビジネス
  • コンテンツビジネス
  • ブログ・アフィリエイト収入
  • ECサイト
ma-takuu
ma-takuu

最近流行ってるよねー笑。じゃあなんでこのオンラインビジネスが有効的なの?失敗しそう・・・

理由は、売上計上値を海外に設定できることがポイントになります。

  • オンラインビジネスであること
  • 売上計上値を海外にすること

では、先ほどの利益を最大化させるための3つのポイントを解説していきます。

海外法人の設立

ma-takuu
ma-takuu

なんで日本じゃなくて海外に法人を設立することが、利益の最大のメリットなの?

理由は、税率が違うからです。先ほども言ったように、日本は税金大国です。海外の税率は日本と比べると、断然低いのです。

上段では5.4倍・下段では2.7倍も違います。

さらに日本は、売り上げに対しても消費税が発生するため、実質税のメリットは約6倍以上になります。

それに対して香港は、売り上げに対してたったの5.8%のみ

日本と香港を比較すると、香港の方が圧倒的にメリットであることがわかる。

②登記内容の工夫

次に、利益を最大化するために登記内容を工夫します。

  • 株主は必ず1人になること
  • 定款の業務内容を工夫して書くこと

株主は必ず1人で

株主を1人にすることで、私的経費を抑えられます。

株主が増える=私的経費が増える=取り分が減る

よって、株主は1人が望ましいと考えられます。

定款内容の工夫

定款とは、個々の私法人の組織・活動について定めた根本規則のこと

Wikipedia

これは簡単にいうと、自分の会社はどんな事業をするのかについて書く内容です。

法人設立の際に、定款は記載して提出する必要があります。ここに事業などのヴォリュームを持たせることで、経費計上の幅が広がります。

③セルフプロフィット

ma-takuu
ma-takuu

よくよく考えれば、海外に法人設立することは、海外に口座を作るってこと?それって日本円じゃないよね。。。

いいところで質問してくれました。

結論として日本円で口座を開設することができます。まずはセルフプロフィットから質問の回答まで順を追って解説していきますね。

まず、セルフプロフィットとは、自分自身に対して利益を残すことです。

ここで、海外法人を設立する際に注意したいこととして、移転価格税制が挙げられます。

移転価格税制とは、独立企業間で取引される価格と異なる価格で関連者と取引が行われた場合、その取引価格が独立企業間価格で行われたものとして課税所得金額を算定する税制である。

Wikipedia

簡単にいうと、国内と海外(関連会社)の二つに自社があると送金には税金がかかってしまうが、自社から他社へは税金はかかりませんということです。

ここで抑えておきたいポイントが2つあります。

  • 第三者への法人設立依頼
  • 第三者はパートナー

現地には、この法人設立をする職業が存在し、これを生業として生きている人もいるほどです。月々数十万円から依頼することができます。

ここでオンラインビジネスで得た収入を、海外の現地の銀行へ入金して運営することができます。

収益の最大化のまとめ
  1. 海外に法人を現地民に設立してもらうこと
  2. 登記内容を複雑化し、経費計上の幅を広げること
  3. セルフプロフィットの設定

この3つをすることで生涯通して何千万も得すると思うので、ぜひやってみてください。実際に行動に移してみることが大事です。

逆にオフラインビジネスはどうなの?

オフラインビジネスもオンラインビジネスと同様です。

  • オンラインビジネス同様に、海外法人を設立
  • 日本法人で得た利益を、海外法人に経費計上

なぜ香港と比較しているかというと、香港は税率が低く消費税が存在しません。そのため経費を上乗せしても実質的にそれが純利益となります。

2つのまとめ

長くなりましたが、理解できたでしょうか?最後にお金と利益のまとめです。

お金のまとめ

  • お金=信用=実績値
  • 税金=払った分だけ損

利益のまとめ

  • 海外に法人を現地民に設立してもらうこと
  • 登記内容を複雑化し、経費計上の幅を広げること
  • セルフプロフィットの設定

この記事を書いた人

アバター

takuma

【経歴】
●1997年年生まれ、岐阜県出身。たくまと言います。

●高校3年間は成績学内1位。その後、名古屋の名城大学を卒業

●2020年4月に東証一部上場企業に新卒入社し、webデザインとコンテンツ販売で副業をしています。

●webデザイン / コンテンツ販売 / ブログなどで月6桁達成。