【地に足のついた起業】サラリーマンから経営者を目指す

こんにちは、ma-takuuです。

社会人生活が始まり、1ヶ月が経とうとしています。今月はMUPウサギクラスに入学し、ブログを始められ、今までの自分より少しは行動した月になったのかなと思います。

さて、今日も将来に向けて学んでいきましょう。

今回のテーマは、将来経営者になったり自分の会社を持つ上で重要になる【キャッシュの種類・流れ】についてお話ししていきます。

最近、僕より若い方や学生でさえも起業をしたいという夢を持っています。しかし、起業をして何をしたいのか聞いてみると、社会貢献したいという夢が大きすぎるのではないか。。。と思います。

そのためにはまず、地に足をついた起業から始めるべきです。

キャッシュの基礎

世の中には、3つのキャッシュ (お金の生み出し方)の収入があります。それぞれ順番に紹介していきます。

TIM(Time Is Money)

これは、時間お金に変えているキャッシュです。

身近でいうと、アルバイト・サラリーマンが該当します。しかしこれは理にかなっていない様に思えます。

サラリーマンを例にあげると、1日20時間、1ヶ月20日働き、トータル160時間になります。これに残業がついて、給与は決まった30万しかもらえないです。

これは給与が元々決まっているのに対して、働く時間が無制限ということがわかります。

RIM(Result Is Money)

これは、結果をお金に変えているキャッシュです。

結果を出す業種といえば、最近増えていっているフリーランスや経営者・個人事業に当たります。

フリーランスを例に挙げると、実際に働いている時間は少ないのに、クライアントからの案件の結果を出せば、報酬がもらえます。

これは、時間に縛られない働き方で効率的に仕事ができる特徴があります。1日何十万円稼げたり、0円のときもある稼ぎ方です。1人で稼げる力が身につきますね。

KIM(Knowledge Is Money)

これは、知識をお金に変えているキャッシュです。

知識を駆使して稼いでいる業種といえば、投資家になります。お金でお金を稼いでいる職種になります。

投資家は、自分の持っているお金を投資してお金を稼いでいる人たちです。金融リテラシーが飛び抜けた人が多い様に思えます。

この職種に一気になることは、とても不可能です。TIM・RIMと地に足をついて順に進んでいくことで投資家という職種にたどり着けると思います。

TIM→RIM→KIMの流れ

現在、20際前半で既にTIM→RIMに進み、経営者になっている起業家が多く見られます。なぜこの様な順を追って行かないといきなり投資家に慣れないのか?簡単に説明していきます。

TIM→RIM

みんなの人生の時間は平等で、1日24時間しかありません。先ほど紹介したTIMの働き方では、時間がお金に変わる働き方になるので、どうしても稼ぎの上限が見えてしまいます。

このTIMの時点では、さすがに社会貢献はできないですよね。

このTIMから抜け出すために、結果が出せるスキルを身に付けて、自分の市場価値を高める必要があります。このスキルは一つの分野に偏っていないと、価値はより高いものとなります。

例えば、Aさんは建築と食が好きなのでこの二つのスキルを100人で自分しかできないスキルまで磨き上げたとします。Bさんは建築だけが好きなので建築だけのスキルを100人に自分だけしかできないスキルまで磨き上げました。

Aさんのスキルは10000人の中で自分にしかできないスキルで、Bさんは100人の中で自分にしかできないスキルになります。

これは市場価値で言うと、Aさんの方が市場価値が高い人材であることになります。

このように、偏らないスキルを身に付けRIMになることで、TIMよりもずっと自由に近づけます。

RIM→KIM

TIMの段階ではキャッシュを作ることが目的となっていたが、経営者であるRIMはキャッシュを守ることが重要になると考えられます。

最近の若手の経営者は、インスタとかでよくお金を使った投稿をしているイメージです。(すごい方はちゃんとKIMに向けて頑張っています。)

しかし、経営者ならば従業員が稼いできたお金を守るべきだと思います。なんでも節税だからと言ってフェラーリや時計に使っていますが、それは消費ではなく、浪費じゃないですか?

金持ち=単発的


資産家=長期的

RIMの段階の方は、目先のものばかりではなく、従業員に還元したりして事業を拡大していき、KIMという投資する側に回る準備をしましょう。

最後まで見ていただいて、ありがとうございました

インスタのフォローの方もよろしくお願いします。

この記事を書いた人

アバター

takuma

【経歴】
●1997年年生まれ、岐阜県出身。たくまと言います。

●高校3年間は成績学内1位。その後、名古屋の名城大学を卒業

●2020年4月に東証一部上場企業に新卒入社し、webデザインとコンテンツ販売で副業をしています。

●webデザイン / コンテンツ販売 / ブログなどで月6桁達成。