2020年おすすめの投資信託はなに?【早めの資産運用を始めよう】

・最近話題の投資信託ってなに?
・将来を見据えて資産運用したいけど、投資信託使うならどこがいい?
・早めに銀行窓口とかで相談しに行ったほうがいいのかなぁ

こんな疑問に答えます。

本記事の内容
  1. 投資信託を具体例で解説
  2. おすすめの投資信託はこの2つのみ
  3. 銀行で相談は危険です。

2020年7月から積み立てnisaを使って投資信託を活用しています。

こういった僕が初心者目線で投資信託について幅広く解説していきます。

1.投資信託を具体例で解説

投資信託とは?

投資信託とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債権などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。

これをきいても「?」の人が多いと思います。理解できるのは実際に始めてからだと思います。

(僕が自分の口で説明できるようになったのは投資信託を運用し始めてからです。)

具体的で解説します。

登場人物は【投資家】【投資をする専門家】【株式】【債権】です。

投資信託では実際にこの登場人物が出てきます。
これを【農業】に当てはめて解説していきます。

農業の場合に例えると
「投資家」→【これから投資するあなた】
「投資をする専門家」→【農家のおじさん】
「株式」→【野菜】
「債権」→【果物】

野菜を買うときは農家のおじさんが育てた野菜を買いますよね。その野菜を単体で売ってくれますが、パックで売ってくれることも多いですよね。

例えば、トマト・じゃがいも・キャベツで◯◯円といった感じです。

この野菜詰め合わせパックが【投資信託の商品】です。この商品を購入し、運用して運用してもらうことを【投資信託】といいます。

2.おすすめの投資信託はこの3つのみ

おすすめ投資信託商品
  1. 楽天VTI
  2. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  3. iFree S&P500 インデックス

初心者は【S&P500】に連動した商品を買うことをおすすめします。

この投資信託商品は上記で説明した【野菜の詰め合わせパック】のことです。
→ex)【楽天VTI】という野菜詰め合わせパック

S&P500とは?

S&P500とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスにより算出され、ニューヨーク証券取引所(NYSE Arca、NYSE Amex)、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を浮動株調整後の時価総額比率で加重平均し、指数化したものです。

引用:https://www.nikkoam.com/products/etf/we-love-etf/kihon/kihon11

S&P500を簡単に解説すると、最も企業が多いアメリカの優秀な企業の中で、更に優良な企業500社の株価を基準とした指数です。

この3つの他にもS&P500に連動した商品は数多くありますが、初心者で最初に始める方にはここらへんで十分です。

なんでアメリカがいいの?

投資信託初心者の中には、こんなを持つ人もいます。
こんな疑問に答えます。

結論

アメリカの企業は世界的に見ても強い企業が多く、長期的に見ても右肩上がりだから。

世界各国の時価総額も、アメリカが54.7%を締めています。

出所:各種データベースにより著者作成

ポイント

世界に投資する=アメリカに投資する

このグラフから日本は8.3%はアメリカの約7分の1なので、アメリカに投資するのは自然なことだと思います。
あの投資の神様【ウォーレン・バフェット】もインデックス投資を推奨しています。

ちなみに僕は【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】を運用しています↓

インデックス投資を学ぶのにおすすめな書籍一覧

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

株式投資の未来 永続する会社が本当の利益をもたらす [ ジェレミー・J.シーゲル ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2020/9/7時点)

 

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

敗者のゲーム原著第6版 [ チャールズ・D.エリス ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2020/9/7時点)

 

楽天で購入

 

 

 

3.銀行で相談は危険です。

結論(個人的な意見)

僕の個人的な意見としては、銀行の窓口での相談は危険です。

将来を見据えると資産運用を始めないといけないと思う人は多いと思います。

その際に多くの人が銀行の窓口へ相談に行きます。

銀行窓口あるある

「資産運用アドバイザー」と名乗る人などが、預金データを見て「今は金利が高いので、定期預金で300万円で投資信託を購入されてはいかがでしょうか?」と切り出します。

しかし銀行がこれを提案する意味をよく考えると銀行の窓口が危険なのかがわかると思います。

銀行が投資信託を提案するメリット(銀行側のメリット)
  • たくさんの手数料が取れる
  • 元本保証ではない(かけたお金)

これは銀行側からの大きなメリットですよね。

こんなニュースも見かけました。

「6月29日、金融庁が明らかにしたデータで、国内29の銀行窓口で投信を買った客のうち、46%に上る人の運用損益がマイナスとなり、損をしていたことがわかったのです」(全国紙経済部記者)

ニュースの詳細について

このように、投資信託を活用する僕たちが損をしては困りますよね。しっかりこのような知識を身に着けた上で投資信託を始めていきましょう。

たくまのまとめ

いかがでしたか?

今回は【投資信託を始めるときに知っておいかないといけないこと】を中心に解説してきました。

おすすめ投資信託商品
  1. 楽天VTI
  2. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  3. iFree S&P500 インデックス

まずはじめはここから投資信託を始めてみて、投資についての知識を運用しながら得ていく方がいいと思います。

僕も実際に運用していると後からわかってくることがあるので日常でもとても勉強になります。

これから何をするにしても自分からネットで調べて事前に調査をする必要があります。色んなブログで色んな意見があるのである意味勉強になると思います。

この記事を書いた人

アバター

takuma

【経歴】
●1997年年生まれ、岐阜県出身。たくまと言います。

●高校3年間は成績学内1位。その後、名古屋の名城大学を卒業

●2020年4月に東証一部上場企業に新卒入社し、webデザインとコンテンツ販売で副業をしています。

●webデザイン / コンテンツ販売 / ブログなどで月6桁達成。