投資信託で稼ぐためのおすすめネット証券3選【銀行は危険です】

・投資信託初心者は銀行か証券会社どちらを選ぶべきかなぁ
・証券会社はどこがおすすめかなぁ
・流行りのネット証券が良い理由はなんでだろう

こんな疑問に答えます。

本記事の内容
  1. 投資信託で儲けたいなら証券会社を選ぶべき
  2. おすすめのネット証券3選
  3. ネット証券をおすすめする3つの理由

2020年の7月から投資信託を運用し始めています。初心者が最初に迷う疑問は網羅してます。

こういった僕が初心者目線で投資信託について幅広く解説していきます。

投資信託で儲けたいなら証券会社を選ぶべき

結論として、投資信託で儲けたいならネット証券を選ぶべきです。

この決定的な理由は、全くと言っても過言じゃない程、手数料がかからないからです。

ネット証券でもたくさんある中でどこがおすすめなのかな?と思うかもです。
そこで僕が思う、投資信託で儲けるならどこの証券会社がいいか、3つに絞りました。

おすすめのネット証券3選

おすすめネット証券
  1. 楽天証券
  2. SBI証券
  3. マネックス証券

これらをおすすめする理由を順番に解説していきます。

①楽天証券

楽天証券は、2019年口座開設数No.1に輝いたネット証券です。

1つ目は、楽天証券です。これは実際に僕も使ってます。

楽天証券のメリットは、多くのキャンペーンが開催されていることです。投資信託デビューの方には多くの特典があります。
詳しくはこちらのURLから【https://www.rakuten-sec.co.jp/

また、楽天ポイントを貯めたり使ったりもできるので、楽天ユーザーには非常に大きなメリットですね。

ちなみに僕は楽天証券を利用しています。クレジットカードも銀行も全て楽天なので、楽天市場でお買い物をするときのSPUというポイントが高くなります。

このように「銀行が楽天銀行」や「オンラインショッピングでは楽天市場で買い物をする」という方には非常におすすめできる証券口座となっています。

楽天SPUについて詳しく知りたい方はこの動画がわかりやすくておすすめです↓

②SBI証券

SBI証券は現在、口座開設数No.1のネット証券です。

SBI証券の魅力は、取引手数料が安いことです。取引手数料はネット証券最安の0円〜です。

取引に合わせて2つのプランから選択することができます。
下記の通りです。

見出し
  • スタンダードプラン:注文の取引金額に応じて手数料が決まる
  • アクティブプラン:1日の取引合計額に応じて手数料が決まる

さらに、取扱商品は豊富です。とくにIPO銘柄の取扱数は証券業界でもダントツです。

IPO銘柄とは、、、

IPO銘柄とは、「新規公開銘柄」や「新規上場銘柄」とも呼ばれ、新たに証券取引所に上場する株式の総称をいいます。

また世界各国の外国株式の取扱もあり、取扱国は主要ネット証券でNo.1です。

もっと詳しく知りたい方はこちら【https://www.sbisec.co.jp/ETGate

③マネックス証券

マネックス証券は100円から投資デビューできるネット証券です。

マネックス証券ではほとんどの投資信託が100円から購入可能です。
資産形成に適した運用コストが低い投資信託を中心に1100本以上の投資信託を取り扱っています。

マネックス証券で、取り扱う全ての投資信託の購入時申込手数料は0円です。

初心者には始められやすいネット証券になっています。

もっと詳しく知りたい方はこちら【https://www.monex.co.jp/

ネット証券をおすすめする3つの理由

ネット証券が圧倒的に良い理由は3つです。

ネット証券が圧倒的に良い3つの理由
  • 取引手数料が安い
  • オンラインで完結できる
  • 自分のペースで運用できる

取引手数料が安い

ネット証券の強みが取引手数料が安いことです。

取引手数料とは、取引ごとに証券会社に支払うお金のことです。証券会社ごとに設定している取引手数料は異なります。

しかし、銀行などの対面取引の場合は一回の取引で手数料が1000円以上かかってしまいます。

一方で、ネット証券で10万円以下の株式を買う場合に発生する取引手数料は100円以下です。

特に、デイトレーダーは1日に何回も取引すると思うので、ネット証券は大きなメリットになりますね。

オンラインで完結できる

ネット証券の最大のメリットとも言えるのが、オンラインで全て取引を完結できるところです。

パソコン、スマホがあればどこにいても株式の取引ができるということですね。

地方住まいの近くに証券会社がない方、日中忙しくてまとまった日にちが確保できない人にとっては自分の都合で株式を取引できます。

自分のペースで運用できる

ネット証券のいいところとして、自分で市場を判断して株式投資を進めることができます。

個人的に、営業電話がかかってこないことがメリットだと感じています。窓口を通すとどうしても営業電話がかかってきます。

なのでイライラすることはなくなりますね。営業が苦手な方や、自分のペースで進めたい人には大きなメリットですね。

たくまのまとめ

いかがでしたか?
今回は【稼ぐならどこの証券会社がおすすめなのか?】を中心に解説してきました。

ネット証券が一番有効的でその中でも3つを中心に解説してきまいした。

おすすめネット証券
  1. 楽天証券
  2. SBI証券
  3. マネックス証券

初心者の場合は、ここを選んでおけば失敗はしないと思います。少額から始められて、運用も自分の自由にできるため営業などのストレスもなくできます。

投資信託初心者は、ここまででどこで証券講座を解説すればいいのか?について解説してきましたが、ここがわかれば次は【なんの投資信託商品を買うべき?】と疑問に思うと思います。

【2020年話題沸騰の投資信託はなに?「早めの資産運用を始めよう」】について解説してます↓

その方にはこの記事を読んでいただきたいです。なにも調べずに無知で商品を買うのは危険です。

僕もこの順番に沿って知識を深めていったので参考になればと思います。

MUPというビジネスオンラインスクールにも通っているので、興味がある方はどうぞ↓

この記事を書いた人

アバター

takuma

【経歴】
●1997年年生まれ、岐阜県出身。たくまと言います。

●高校3年間は成績学内1位。その後、名古屋の名城大学を卒業

●2020年4月に東証一部上場企業に新卒入社し、webデザインとコンテンツ販売で副業をしています。

●webデザイン / コンテンツ販売 / ブログなどで月6桁達成。