後悔しないおすすめの投資信託の選び方【最初の銘柄選びが一番重要】

・つみたてNISAで運用するときに最初の銘柄は何にしようかなぁ
・つみたてNISAで運用するときの銘柄選びのコツってあるのかなぁ
・つみたてNISAのおすすめの銘柄ってなんだろう?平均利回りとかどれくらいなのかなぁ

こんな疑問に答えます。

本記事の内容
  1. 【一度買ったら変えられない!?】つみたてNISAは最初の銘柄選びが超重要
  2. つみたてNISAだからこその銘柄選びのたった2つのポイント
  3. 有名YouTuberゴリ押しの銘柄別の平均利回り

2020年の7月から投資信託を運用し始めています。初心者が最初に迷う疑問は網羅してます。

こういった僕が初心者目線で投資信託について幅広く解説していきます。

投資信託について仕組みがよくわからない方は参考にしてみてください。

【一度買ったら変えられない!?】つみたてNISAは最初の銘柄選びが超重要

投資信託の銘柄を選ぶ前に超重要なことがあります。

超重要な注意点

つみたてNISAでの銘柄変更には一定の制限があります。

iDeCo(個人型確定拠出金)では、「スイッチング」の制度が設けられています。
このスイッチングとは、投資信託の商品の入れ替えです。

iDeCo(イデコ)とは、自分が拠出した掛金を、自分で運用し、資産を形成する年金制度です。 掛金を60歳になるまで拠出し、60歳以降に老齢給付金を受け取ることができます。

引用: https://www.ideco-koushiki.jp/guide/

しかし、つみたてNISAではこのスイッチングが認められていないため、一定のルールに定められて運用しないといけません。

つみたてNISAの非課税枠(40万円/年)の範囲内で、Aの商品を積み立てを止めた後に、Bの商品の積み立てを始めるといった形で銘柄を変更することは可能です。

このように、つみたてNISAでは銘柄変更の制限があるからこそ、最初の投資信託の銘柄選びは超重要なのです。

おすすめの銘柄は後ほど紹介します。

つみたてNISAだからこその銘柄選びのたった2つのポイント

この銘柄選びには、投資信託を使う目的によって異なります。

投資信託をする目的はこの2つ
  1. 投資信託で長期の資産運用をしたい方
  2. 投資信託を使って短期で儲けたい方

この二つの考え方での銘柄の選び方を解説します。

①投資信託で長期の資産運用をしたい方

投資信託を活用して資産運用をしたい方には【全世界に投資】することをおすすめします。

投資信託では日本だけに投資する方やアメリカだけに投資する方など、一つの国のみに投資をするものがあります。

そのような投資信託だと、もしその国の経済・社会・政治などの情勢に依存してしまいます。

具体例で解説

ここで、アメリカに投資したときのことを考えてみましょう。

現在のアメリカは過去最高のマーケットと言われています。

その分、今は投資した以上に大きな利益を生み出しますが、もしマーケットの状況や景気が悪くなってしまうと、タイミングによりけりですが、大きくマイナスになる可能性もあります。

一つの国だけに依存せず、全世界に分散的に投資をすることで、値下がりのリスクを分散することができます。

このような考え方だと、アメリカが暴落しても、他の国に分散している分、安心安全ということになります。

このような、投資信託で長期の資産運用をしたい方にオススメする投資信託
  • 全世界に投資するファンド
  • 全世界の株式
  • 全世界の債権
  • 全世界の不動産

といった「全世界に分散投資しているファンド」を選ぶのがいいですね。

②投資信託を使って短期で儲けたい方

投資信託を使って短期で儲けたい方には、【アメリカへの分散投資】をすることをおすすすめします。

この2つの考え方がありますが、どっちかというと僕は後者の【アメリカへの分散投資派】です。

アメリカは過去10年を遡ってマーケットの状況を見てみると上がり続けています。あのリーマンショックの時ですら右肩上がりで上昇し続けています。

アメリカの状況は分かったが、なぜアメリカへ投資するべきなの?

アメリカは世界的に見ても強い企業が多いです。また先ほどのグラフからわかるように長期的に見ても右肩上がりです。

下記の円グラフ【世界各国の株式時価総額】を見てもアメリカが過半数を占めています。

引用:https://chandraroom.com/per-pbr-201903

要は世界に投資する=アメリカに投資することと一緒です。

これで8.3%の日本だけに投資するとなると、とてもリスクが高いということです。

また、投資の神様ウォーレンバフェットもアメリカに投資することを推奨しています。

①と②で共通していること

①と②で共通していること

分散投資

長期的に運用する人と短期的に運用する人も分散投資をすることには変わりないです。

しかし、どこへ分散投資するのかは考え方次第で大きく変わってくるということです。

もし一つの企業だけに投資したときに、その会社が倒産してしまえば、今まで積み立てたお金はゼロです。

せっかく投資したお金がチャラになるのはキツいですよね。そのためにもある程度分散投資することは重要な考え方です。

ここの会社はこれから上昇するであろうという考えや裏付けがある場合はその会社のみに投資をするべきです。

しかし、これを見ている人は初心者の方が多いと思われます。最初は手触り程度で投資信託を運用し、市場が自分で分かるようになり、慣れたときに個別株投資を行うといいと思います。

有名YouTuberゴリ押しの銘柄別の平均利回り

先ほど、投資信託を活用する目的別にどんな投資信託をおすすめしているのかをお伝えしました。

次は「長期で運用したい人」「短期で運用したい人」で具体的にどんな投資信託の商品がおすすめなのかについて解説します。

長期で運用したい人におすすめするインデックスファンド3選

長期で運用したい人におすすめするインデックスファンド3選
  1. SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))
  2. eMAXIS  Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  3. eMAXIS  Slim 全世界株式(8資産均等型)
①SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))

日本株を含む、全世界の株式に投資するファンドです。

全世界の株式なので、先進国はもちろん、これから発展が見込める新興国の株式も含まれています。

信託報酬も年率0.1102%と格安コストになっています。

②eMAXIS  Slim 全世界株式(オール・カントリー)

これは全世界に投資して、純資産額、信託報酬ともにバランスの良い投資信託です。

まんべんなく全世界に投資をしたいという方にはこの投資信託をおすすめします。

③ MAXIS  Slim 全世界株式(8資産均等型)

さまざまな投資信託の中でも一際「純資産総額」でずば抜けています。

このファンドはどこに投資しているのかというと8つの資産に分散投資しています。

8つの投資先
  1. 国内債券
  2. 先進国債券
  3. 新興国債券
  4. 国内株式
  5. 先進国株式
  6. 新興国株式
  7. 国内不動産投資信託(REIT/リート)
  8. 海外不動産投資信託

この8つが【MAXIS  Slim 全世界株式(8資産均等型)】の投資先です。

分散のバランス感や好成績からとても人気の投資信託です。

インデックスの投資信託のランキングはコチラ(URL:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/find/ranking/)

短期で運用したい人におすすめするインデックスファンド3選

短期で運用したい人におすすめするインデックスファンド3選
  1.  eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  2. SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
  3. つみたて米国株式(S&P500)

S&P 500(エス アンド ピー ファイブハンドレッド、Standard & Poor’s 500 Stock Index)は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数。

引用:ウィキペディア
① eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

これは僕も現在運用している投資信託です。

純資産残高は540億580万円と、2020年3月16日時点でもっとも運用残高の多いS&P500に連動する投資信託として取り上げられました。

三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimシリーズは、業界最低水準の運用コストを目指すインデックスファンド・シリーズです。

今後も引き続き、比確的安い信託報酬での運用が期待できます。

②SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

これは2020年3月16日時点でもっとも信託報酬(手数料)が少ないS&P500連動の投資信託は、SBIアセットマネジメントの『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』です。

信託報酬は、年間で税込み0.0938%です。

1年間で100万円を運用したとしても、信託報酬(手数料)はたったの938円です。

③つみたて米国株式(S&P500)

こちらの投資信託も上二つに比べて負けていない投資信託です。

主として米国の株式を主要投資対象としています。

米国株の投資信託のランキングはコチラ(URL:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/smartphone/products/fund/ranking/)

たくまのまとめ

いかがでしたか?

今回は投資信託のおすすめを紹介するだけでなく、投資信託を運用する目的別のおすすめ投資信託の商品を紹介してきました。

投資信託をする目的の人はこの2つしかないです。

投資信託をする目的はこの2つ
  1. 投資信託で長期の資産運用をしたい方
  2. 投資信託を使って短期で儲けたい方

その目的別に紹介した、おすすめ投資信託はこちらです。

短期で運用したい人におすすめするインデックスファンド3選
  1.  eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  2. SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
  3. つみたて米国株式(S&P500)
長期で運用したい人におすすめするインデックスファンド3選
  1. SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))
  2. eMAXIS  Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  3. eMAXIS  Slim 全世界株式(8資産均等型)

余談:僕が通ってる学校【MUP】について

MUPカレッジとは『地に足のついたビジネススキルを学べるオンラインスクール』です! こちらは「ゾウさんクラス (月額無料)」と「ウサギさんクラス (月額¥8,980-)」の2つのクラスがあります。

⇩MUPに入学してみての感想です⇩

この記事を書いた人

アバター

takuma

【経歴】
●1997年年生まれ、岐阜県出身。たくまと言います。

●高校3年間は成績学内1位。その後、名古屋の名城大学を卒業

●2020年4月に東証一部上場企業に新卒入社し、webデザインとコンテンツ販売で副業をしています。

●webデザイン / コンテンツ販売 / ブログなどで月6桁達成。